歯に関する悩みがあるなら、歯科へ行って治療を受けよう。

効果的な施術で歯の問題を早期改善

医療費の控除

矯正歯科治療の医療費控除とは?

矯正歯科の治療というのは、とても高額の費用がかかってしまうものです。保険適用外になる治療が多いため、ほとんどが自費負担になってしまうのです。契約料などもかなり高かったり、毎回通院するときにも費用がかかってきます。それを少しでも取り戻すためには、国の医療費控除というシステムを利用することをおすすめします。 これは、矯正治療をはじめとして、いろいろな医療機関にかかった費用や薬局での薬代、通院にかかる交通費なども全て計上して申告できるのです。この費用の合計が10万円以上であって、所得税を払っている人であれば還付されるものです。自分だけでなく、同居をしている人の分を一括で申告できるので、上手にシステムを使えばかなりお得なのです。 矯正歯科にかかった年は、医療費控除の確定申告を忘れないようにしましょう。

矯正歯科の治療は高いというイメージ

矯正歯科での治療は、高額になってしまうというイメージがあります。なぜなら、ほとんどの場合では保険適用外になるので、自費負担になるからです。また、その矯正歯科によって、料金体系が異なるので、契約料でもかなり高い設定になっていることもあるのです。 特に都心部で人気の矯正歯科では契約料だけでも数百万円ということもあるのです。平均的な相場としては、数十万円というところですが、価格に開きがあるので、それぞれのクリニックに問い合わせてみるようにしましょう。 治療完了までは、たいてい100万円程度かかると見ておいたほうがいいでしょう。そういったことを考慮しながら、自分に合った矯正歯科を選んでいくといいでしょう。